「ようかん」とは?

言葉 詳細
永観

概要 (Wikipediaから引用)

永観(えいがん、えいかん)は、日本の元号の一つ。天元の後、寛和の前。983年から985年までの期間を指す。この時代の天皇は円融天皇、花山天皇。 改元 天元6年4月15日(ユリウス暦983年5月29日) 改元 永観3年4月27日(ユリウス暦985年5月19日) 寛和に改元 出典 『書経』洛誥の「王唏下殷乃承レ叙万年、其永観二朕子一、懐厥徳」などとされる。 勘申者は不明。なお、改元の詔を執筆したのは、慶滋保胤であったとされている。 永観期におきた出来事 永観2年(984年) 4月、高麗人、筑前国に来着する。 夏、米価高騰する。 8月、円融天皇退位、花山天皇践祚 11月、破銭法を定める。 西暦との対照表 ※は小の月を示す。 関連項目 ==。

遙堪

概要 (Wikipediaから引用)

遙堪駅(ようかんえき)は、島根県出雲市常松町に位置する一畑電車大社線の駅である。 駅構造 大社方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅(停留所)。無人駅である。出入口はホームの西側にある。 駅周辺 大社遙堪郵便局 出雲市立遙堪小学校 浅尾繊維工業工場 島根県道276号遙堪今市線 利用状況 1日平均の乗降人員は以下の通り。 40人(1999年度) 51人(2000年度) 43人(2001年度) 25人(2002年度) 35人(2003年度) 28人(2004年度) 34人(2005年度) 31人(2006年度) 33人(2007年度) 35人(2008年度) 45人(2009年度) 1930年(昭和5年)2月2日 - 開業。

遥堪

概要 (Wikipediaから引用)

『遙堪駅』より : 遙堪駅(ようかんえき)は、島根県出雲市常松町に位置する一畑電車大社線の駅である。 駅構造 大社方面に向かって右側に単式ホーム1面1線を有する地上駅(停留所)。無人駅である。出入口はホームの西側にある。 駅周辺 大社遙堪郵便局 出雲市立遙堪小学校 浅尾繊維工業工場 島根県道276号遙堪今市線 利用状況 1日平均の乗降人員は以下の通り。 40人(1999年度) 51人(2000年度) 43人(2001年度) 25人(2002年度) 35人(2003年度) 28人(2004年度) 34人(2005年度) 31人(2006年度) 33人(2007年度) 35人(2008年度) 45人(2009年度) 1930年(昭和5年)2月2日 - 開業。

羊かん

概要 (Wikipediaから引用)

『羊羹』より : 羊羹(ようかん)は、一般には小豆を主体とした餡を型(羊羹舟)に流し込み寒天で固めた和菓子である。 寒天の添加量が多くしっかりとした固さの煉羊羹(ねりようかん)と、寒天が少なく柔らかい水羊羹(みずようかん)がある。また、寒天で固めるのではなく、小麦粉や葛粉を加えて蒸し固める製法もあり、これは蒸し羊羹と呼ばれる。単に「羊羹」と称した場合は煉羊羹を指す事がある。 煉羊羹は糖度が高いので、真空パックなどの適切な状態であれば常温で一年以上の長期保存が可能なものが多い。この特徴を生かして非常食としても販売されているものもある。 もともとは中国の料理で、読んで字のごとく羊の羹(あつもの)、つまりは羊の肉を煮たスープの類であった。南北朝時代に北魏の捕虜になった毛脩之が「羊羹」を作ったところ太武帝が喜んだという記事が宋書に見えるが、これは本来の意味の羊のスープであったと思われる。冷めることで肉のゼラチンによって固まり、自然に煮凝りの状態となる。「羹」の通常の音(漢音)は「こう(かう)」で、「かん」は唐音。鎌倉時代から室町時代に、禅僧によって日本に伝えられたが、禅宗では肉食が戒律(五戒)により禁じられているため、精進料理として羊肉の代わりに小豆を用いたものが、日本における羊羹の原型になったとされる。

腰間

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

洋かん

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

洋館

概要 (Wikipediaから引用)

『西洋館』より : 西洋館(せいようかん)とは、開国から第二次世界大戦までの時代に、日本で建設された、西洋の建築様式を用いた建物である。主として住宅を指す。洋館や洋風建築ともいう。 なお、神戸では、幕末期から明治期に建築された西洋館を「異人館」と呼び、大正期から戦前昭和期に建築された西洋館を「洋館」と呼んで区別している。 様々な西洋館 居留地建築など 長崎、横浜、神戸など外国人の居留地には、外国人の住宅(異人館)、事務所、学校、教会などが建設され、従来の日本とは異質な街並みが生まれた。これらは外国から技師・技術者が来て建設したものもあるが、日本人の職人にデザインなどを指示して建設したものもある。 擬洋風建築 居留地建築に刺激を受けた日本の大工棟梁は、見よう見まねで西洋のデザインを採り入れた事務所、ホテル、学校などを建設した。伝統的な職人の技術をベースに洋風要素を採り入れたこれらのものを擬洋風建築と呼ぶ。 外国人技師の建築 お雇い外国人の指導により建設された工場、都市建築などがある。銀座煉瓦街、富岡製糸場などはその代表的なものである。 日本人建築家の作品 お雇い外国人ジョサイア・コンドルが日本人にはじめて本格的・体系的な建築教育を行い、辰野金吾らの日本人建築家を育成した。

羊羹

概要 (Wikipediaから引用)

羊羹(ようかん)は、一般には小豆を主体とした餡を型(羊羹舟)に流し込み寒天で固めた和菓子である。 寒天の添加量が多くしっかりとした固さの煉羊羹(ねりようかん)と、寒天が少なく柔らかい水羊羹(みずようかん)がある。また、寒天で固めるのではなく、小麦粉や葛粉を加えて蒸し固める製法もあり、これは蒸し羊羹と呼ばれる。単に「羊羹」と称した場合は煉羊羹を指す事がある。 煉羊羹は糖度が高いので、真空パックなどの適切な状態であれば常温で一年以上の長期保存が可能なものが多い。この特徴を生かして非常食としても販売されているものもある。 もともとは中国の料理で、読んで字のごとく羊の羹(あつもの)、つまりは羊の肉を煮たスープの類であった。南北朝時代に北魏の捕虜になった毛脩之が「羊羹」を作ったところ太武帝が喜んだという記事が宋書に見えるが、これは本来の意味の羊のスープであったと思われる。冷めることで肉のゼラチンによって固まり、自然に煮凝りの状態となる。「羹」の通常の音(漢音)は「こう(かう)」で、「かん」は唐音。鎌倉時代から室町時代に、禅僧によって日本に伝えられたが、禅宗では肉食が戒律(五戒)により禁じられているため、精進料理として羊肉の代わりに小豆を用いたものが、日本における羊羹の原型になったとされる。