「ようかんいろ」とは?

言葉 詳細
羊羹色

概要 (Wikipediaから引用)

『小豆色』より : 小豆色(あずきいろ)とはアズキの実の色、つまり紫味を帯びた赤褐色のこと。栗色に近いがやや紫がかる。ラセットブラウンとも。フランスの色名、マルーン(栗)に近い色合い。 関西の嗜好色 一般に大阪や京都に代表される関西地方の嗜好は赤色系に寄り、東京に代表される関東地方は青色系や無彩色によるといわれる。 その理由は、関西の文化はおもに商人が担い、関東では武士の好みが反映された結果だという説、緯度が高くなるにつれて緑系統の色、低くなるにつれて赤系統の色が好まれるという光線の波長の変化に基づく説などがあるが、正確なところは不明である。実際には衣服の色別売上などを見ても、両者の嗜好に大きな違いが見られない。しかし、京都に政権の中心があった時代には赤や紫の色の名が数多く登場し、江戸文化が隆盛期を迎えてからは灰色系や青緑系の色の種類が増えているのは事実である。 旧形客車や旧形国電など、かつては日本の大半の鉄道車両が、小豆色に近い色(ぶどう色2号)で塗装されていた。現在でも関西では、大手私鉄である阪急電鉄や、近鉄普通車などで伝統的に小豆色の車体が守られており、これは「品がよく高級感がある」と認知されている。