「ようが」とは?

言葉 詳細
用賀

概要 (Wikipediaから引用)

用賀(ようが)は東京都世田谷区の地名・町名である。東急田園都市線の用賀駅を中心とした地域をいい、住居表示実施前の旧・用賀は住居表示実施後の用賀と上用賀、玉川台、瀬田の一部、砧公園の一部に該当する。 地名の由来として、この地にある眞福寺の山号瑜伽山(ゆがさん)の「瑜伽」が「用賀」に転じたとする説がある。 江戸時代以前は、大山街道の宿場町、眞福寺の門前町として、規模の大きなものではなかったが、栄えていた。新編武蔵国風土記によれば、永禄・元亀年間に後北条氏の家臣飯田帯刀とその息子飯田図書によって開発された。 1889年 荏原郡用賀村が周辺の村と合併し、玉川村大字用賀になる。 1932年 東京市に編入され世田谷区玉川用賀町になる。 1936年 隣接する北多摩郡砧村の東京市世田谷区編入に伴い、砧村大字大蔵の飛地を玉川用賀町に編入する。 1969年 東名高速道路全通。 1969年5月11日 東急玉川線(玉電)が廃止され、用賀停留所及び専用軌道も廃止される。 1971年 住居表示の実施に伴い町域が変更される。 1977年4月7日 旧用賀停留所近くに東急新玉川線(東京地下鉄11号線)用賀駅が開業。

陽画

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

洋画

概要 (Wikipediaから引用)

日本において、洋画(ようが)とは、 外国映画のうち、西洋(欧米、オーストラリア、ニュージーランドなど)で製作された映画のこと。映画興行などにおいては「邦画」(日本映画)の対義語として、外国映画全般を総称することもある。映画作品一覧や映画を参照。 西洋の様式で描かれた絵画のこと。西洋画(せいようが)とも。洋画家を参照。