「ら」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『標準時』より : 標準時(ひょうじゅんじ、standard time)とは、ある国または広い地域が共通で使う地方時をいう。 地方時とはある地域・地点の時刻で、元来は平均太陽時であり、観測地点に依存し、経度の違いで1度あたり4分の時差が発生する。古くは、離れた都市はそれぞれの時刻を用い、同一の時刻に合わせることはなかった。これに対して標準時では、広い地域が共通の時刻を用いる。 標準時で用いる時刻は、現在は協定世界時 (UTC) との差が1時間もしくは30分単位になる経度の地点の時刻を用いることが多い。その経度の選定は、国や地域が広がる経度の範囲の中心や、人口密度、都市の位置、その標準時が使われる地域間の時差などが考慮される。 共通の標準時を使う地域全体を「標準時間帯」、「時間帯」、「等時帯」、「時刻帯」または「タイムゾーン(time zone)」といい、その地域の標準時を示す際にはUTCとの差で示すことが多い。また国によって夏時間が使われる。 標準時の歴史 標準時が導入される以前は、各々の自治体ごとに(もしその町の時計があれば)その町での太陽の位置に合わせて時計を合わせていた。

概要 (Wikipediaから引用)

ら、ラは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第9行第1段(ら行あ段)に位置する。 五十音順: 第39位。や行い段とえ段のいとえを数に加えると41位。 いろは順: 第22位。「な」の次、「む」の前。 平仮名「ら」の字形: 「良」の草体 片仮名「ラ」の字形: 「良」の上から右上にかけての部分 ローマ字: ra 点字: :●- 通話表: 「ラジオのラ」 モールス信号: ・・・ 江戸の火事#消火・防火対策 いろは四十八組に「ら組」は存在しなかった。理由については諸説有る。22番目の組は「千組」と称した。 人名一覧 ら 仮名 +ら Ra (kana)

概要 (Wikipediaから引用)

羅(ら、うすもの)は搦み織りを用いた、目の粗い絹織物の一種。もともと羅とは鳥や小動物などを捕獲するための網を意味する言葉だったが、絹で織った網のような薄物を指す言葉にもなった。紗や絽と同じく生糸や半練糸を用いる捩織(もじりおり)と言って、経糸を絡み合わせた間に緯糸を通す織り方をする薄く透き通った織物の一種。紗や絽が経糸二本を絡み合わせるのに対して、羅は三本以上の経糸を絡ませて織り目が網のような見た目になるのが特徴。中国では、高官が錦の服の上に羽織る塵除けとして、日本では主に冠などに使っていたが、複雑な組成のため特殊な機を使って織るので、通常の機を使って織ることができる紗に押されて生産量は減っていった。

概要 (Wikipediaから引用)

『ら』より : ラ ら 音楽の階名のひとつ。