「らいかん」とは?

言葉 詳細
雷管

概要 (Wikipediaから引用)

雷管(らいかん、英: Blasting cap)は、わずかな熱や衝撃でも発火する火薬を筒に込めた火工品。 微量の起爆薬(爆粉、ばくふん)と、それによって点火される添装薬(導爆薬)で構成され、火薬・爆薬などに、意図通りのタイミングで確実に点火するため、主に軍事用途のほか発破など工業用途で用いられている。 アンホ爆薬などは雷管だけでは起爆できず、伝爆薬(プライマーブースタ)を必要とする。 なお、信管は「雷管」に「起爆時期を感知する装置」と「安全装置」を組み込み、一体化させたものである。 1865年、アルフレッド・ノーベルによりダイナマイト点火用として、併せて発明された。 雷管の種類 日本の火薬類取締法では、工業雷管、電気雷管、銃用雷管及び信号雷管が規定され、JIS K4806「工業雷管及び電気雷管」の規格がある。 工業雷管 導火線式雷管(blasting cap) 最も古くからあるタイプで、導火線の火炎で点火し起爆させる。

来館

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

来観

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。