「らいた」とは?

言葉 詳細
雷太

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ライタ

概要 (Wikipediaから引用)

『ライタ・ラースロー』より : ライタ・ラースロー(ラースロー・ライタ、Lajtha László, 1892年6月30日 - 1963年2月16日)は、ハンガリーの作曲家、民族音楽学者、指揮者。ブダペスト出身。ライプツィヒ、ジュネーヴ、パリで学び、パリではヴァンサン・ダンディに師事。第一次世界大戦後、ブダペスト音楽院・国立アカデミーで教鞭をとる。バルトーク・ベーラ、コダーイ・ゾルターンと共同で、ハンガリーの民謡の録音の写譜と分析にあたる。第二次世界大戦後にはハンガリー・ラジオ放送局の音楽監督に迎えられるが、1956年のハンガリー動乱を支援したとして解雇された。作品には9曲の交響曲、10曲の弦楽四重奏曲、3つのバレエ、オペレッタ「青い帽子」などがあり、他にも多くの管弦楽曲、室内楽、器楽、宗教音楽、映画音楽がある。