「らいたー」とは?

言葉 詳細
ライター

概要 (Wikipediaから引用)

ライター(lighter)とは火をつけるための装置である。燃焼式が主流で、電熱式もある。 近代以降よりさまざまな創意工夫が凝らされたライターが開発されてきた。 ライターと、燃料やその他消耗品を組み合わせることで、簡便な着火を可能としている。 小型のものは、主にタバコに着火し喫煙するために、タバコと共に携帯して使われる。古くからある携帯機器であるため、後述するようにさまざまな意匠を凝らした製品も多く、利用者の趣味性に応じてさまざまな製品が利用されている。 ガスコンロやストーブの奥まった場所にあるバーナーや花火などへの着火を目的とした柄の長いもの、仏壇のろうそく用の小さなもの、風のある戸外の墓参り時における線香着火を目的とした大型の風防を備えたものなど、用途に応じてさまざまに変化した製品が存在する。 燃焼式 着火し易い燃料に、点火機構により瞬間的に高温を発生させるなどして種火とし、目的の可燃物に炎を移す。従って燃料切れのライターでも点火機構のみにより、可燃ガス等になら点火できる事もある。 使用する燃料によってオイルライターやガスライターなどの種類がある。