「らいとへびー」とは?

言葉 詳細
ライトヘビー

概要 (Wikipediaから引用)

『ライト・ヘビー級』より : ライトヘビー級(英: light heavy weight)は、ボクシングなどの格闘技で用いられる階級の1つである。 ボクシング プロボクシングでの契約ウェートは、168 - 175ポンド (76.204 - 79.379kg) である。スーパーミドル級とクルーザー級の間の階級で、全17階級中3番目に重い階級である。 アマチュアボクシングでは男女ともに75 - 81kgである。 初代王者はジャック・ルート(アメリカ合衆国)。 この階級の世界王座最多防衛記録はダリウス・ミハエルゾウスキー(ポーランド / WBO)の23度。アマチュアではモハメド・アリ(カシアス・クレイ)が1960年のローマオリンピックで金メダルを獲得した階級である。 日本では、寺地永、西澤ヨシノリ、クレイジー・キムがOPBF東洋太平洋王座を獲得した階級である。主要団体での世界挑戦者は未だなく、西澤が2007年12月7日にJBC非公認であるWBFの王座決定戦に出場したが、王座獲得には至らなかった。