「りえき」とは?

言葉 詳細
利益

概要 (Wikipediaから引用)

利益には、一般的に「りえき」「りやく」の二つの読み方があり、読みによって意味が異なる。 りえき - 本項で詳述 利すること。利得。得分。もうけ(儲け)。とく(得)。「利益を得る」 ためになること。益になること。「公共の利益」(この意味の場合、利益を得るための活動を「営利(えいり)」という) りやく 仏教の言葉。ためになること。法力によって恩恵を与えること。自らを益するのを功徳(くどく)、他を益するのを利益という。 神仏の力によって授かる利福。利生(りしょう)。丁寧語の「ご」をつけ、「ご利益」という場合が多い。とくに今生きている世界(現世)における利益を現世利益(げんせりやく)という。 利益は、単純にいえば収入から支出を差し引いたもの、つまりキャッシュ・フローを指す。しかし、今日の企業会計においては、利益(損益)とキャッシュフローは別の概念である。 会計上の利益とは、収益から費用を差し引いたものである。逆に収益よりも費用のほうが多い場合、損失と呼ぶ。 利益とキャッシュ・フローを区別する主な理由は以下の二点にある。