「りが」とは?

言葉 詳細
リガ

概要 (Wikipediaから引用)

リガ(ラトビア語: Rīga 発音 [ˈriːɡa] (13px 聞く)、ロシア語: Рига、エストニア語: Riia、リトアニア語: Ryga、ドイツ語: Riga)は、ラトビア共和国の首都で、同国最大の人口を擁する都市。人口は69万9,203人(2012年時点)。 日本語では「リガ」と表記することが多いが、これはドイツ語による表記 Riga に由来する表記である。ラトビア語では長母音 ī が含まれるため「リーガ」となる。これにしたがって、近年では日本語でも「リーガ」と表記する例は多い。 「バルト海の真珠」と讃えられる美しい港町で、その旧市街はユネスコの世界遺産(文化遺産)に登録されている。 世界遺産に登録されている旧市街「リガ歴史地区」は約300棟のアールヌーボー調の建築物の宝庫として著名である。新市街は官庁やオフィスが集まる。郊外には、ラトビア民俗博物館があり、野外博物館も兼ねている。また、保養地として知られる海岸、ユールマーラも西方にある。人口約70万人のリガ市はラトビア国内はもとより、バルト三国最大の都市でもある。