「りがくぶ」とは?

言葉 詳細
理学部

概要 (Wikipediaから引用)

理学部(りがくぶ、Faculty of Science)は、大学の学部のひとつで、理学(自然科学)の教育、研究を行うための学部である。 自然科学全般を学び研究するための学部であり、日本の大学の制度上の区分である。 理学部内の学科としては、数学科、物理学科、化学科、生物学科(生命科学科)、地学科(地球科学科)等に分かれている。授与する学位の代表例は学士(理学)。 理学部では先人たちが築いた自然科学の諸分野について学びはするが、(工学部とは異なって)出来上がった理論をそのまま甘受してそのまま応用するに止まらず、理論自体の成立過程を理解し、それを解体・再構築したり、新たな理論を構築する能力をも培うことを重視する。 たとえば同じ「りんご」ひとつを前にしても、物理学ではその位置や質量や運動には着眼するが、りんごの種・品種や親子関係は無視してしまって扱わない。それに対して生物学では種、形態、世代などに着目し、運動・位置などの面は基本的に扱わない。同じ自然を前にしていても、着眼点が大きく異なり、まったく違う側面を見ており、あたかも全く別の世界を眼前にしているようであり、また理論の構築のしかたも大きく異なるのである。