「りきせん」とは?

言葉 詳細
力戦

概要 (Wikipediaから引用)

『ゴキゲン中飛車』より : ゴキゲン中飛車(ゴキゲンなかびしゃ)は、将棋の戦法の一つ。序盤で飛車を横に動かす振り飛車戦法のうち、飛車を5筋に振る中飛車に分類される。 ゴキゲン中飛車は、基本的には後手番の戦法である。▲7六歩△3四歩▲2六歩の出だしから、4手目で△4四歩と角道を止めずに△5四歩とし、さらに▲2五歩と飛車先の歩を伸ばす手に対して△5二飛と飛車を回る(第1図)。これが基本形である。 先手番で指すときは、端歩を突いてタイミングを遅らせるなどの方法があるが、近年では初手▲5六歩△3四歩の出だしから、▲5八飛と飛車を回る(第2図)。これが先手番の基本形である。 従来の中飛車は受けの要素が強い戦法であったが、ゴキゲン中飛車は攻めの戦法である。「ゴキゲン流」と呼ばれるキャラクターの近藤正和が升田式石田流と五筋位取り中飛車を元に開発し、奨励会時代から指している戦法で、2004年度には年度の終盤まで勝率が9割以上と勝ちまくった(最終的には0.822で将棋大賞勝率第一位賞を獲得)。