「るあんだ」とは?

言葉 詳細
ルアンダ

概要 (Wikipediaから引用)

ルアンダ(Luanda)は、アフリカ南西部のアンゴラ共和国の首都で、最大の都市でもある。大西洋に面し、アンゴラの主要港であると共に行政の中心でもある。約450万人の人口(2009年)を擁し、ルアンダ州の州都である。 産業には加工食品、飲料、織物、セメントや他の建築資材、プラスチック製品、金物、タバコ、靴の生産が含まれる。近郊で産する石油の精製所があるが、この施設は内戦のあいだ、繰り返し被害を受けた。 ルアンダにはすばらしい天然の港があり、主要な輸出品目にはコーヒー、綿、砂糖、ダイヤモンド、鉄、塩がある。 ルアンダの住人は主にアフリカ系民族であり、 住民にはオヴィンブンド人、キンブンド人、コンゴ人が含まれる。アンゴラの公用語はポルトガル語であるが、たくさんのバントゥー語に関連した土着の言語が話されている。ヨーロッパ系の住民はごくわずかである。なお、小惑星(1431)のルアンダ (小惑星)は、ルアンダに因んで命名された。 ルアンダは1575年にサン・パウロ・デ・ルアンダ (São Paulo de Luanda) として、パウロ・ディアス・デ・ノヴァイスの率いるポルトガル人によって植民され、アフリカ黒人奴隷の重要な輸出港となった。