「るい」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

類(るい) 一般概念 たぐい。 仲間。(なお、ハードオフ幼稚園児や小学生向けの試験問題などでも「同類を見つけよ」とは表現せず「なかまを見つけましょう」などと表現する) 一族 (生物学用語)生物分類で用いられる「綱」「目」「科」「属」などの分類群を慣用的に指すための語。→生物の分類を参照。 (数学用語)集合を一般化するような「何らかの対象の集まり」を表す概念。→類 (数学) (言語学用語)日本語の単語のアクセントに基づく分類。→類 (アクセント)具体的な組織名や作品名など 東京工業大学や東京大学などの日本の大学における組織。 大阪府を中心に教育事業などを展開する企業グループ。→類グループ、類塾 関連項目 分類(いくつかの類に分けること) 類型 en:kind(カインド) en:sort (ソート)、ソーティング en:type(タイプ) カテゴリ。

概要 (Wikipediaから引用)

『ソフトボール』より : ソフトボール(Softball)は、野球から派生した球技で、野球と基本形は同じだがグラウンドサイズ、使用球などルールが幾分異なっている。野球に比べ、狭い土地でも行うことができ、ボールも大きく安全性が高いため、老若男女を問わずに楽しむことができる。塁球(るいきゅう)ともいう。 世界では北アメリカのアメリカ合衆国・カナダ、オセアニアのニュージーランド、オーストラリア、パプアニューギニア、アフリカのボツワナ、そして日本などで行われている。特にアメリカ合衆国においてはレクリエーション・スポーツとして非常に一般的で、どこの街中にも(あるいは国外の米軍基地内においても)ソフトボール専用のフィールドが多数存在し、日本における軟式野球のような位置づけとして親しまれている。 1887年の感謝祭の日、アメリカ合衆国イリノイ州シカゴにおいてジョージ・ハンコックが冬季に野球を練習するためのスポーツとして発明した。 そのため当時は"インドア・ベースボール"や"プレイグラウンドボール"と呼ばれていた 。 日本における最初のソフトボールは、1921年(大正10年)アメリカ留学から帰国した東京高等師範学校教授 大谷武一や石黒寅次によって、学校体操科の遊戯として紹介されたことにはじまる。

瑠維

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ルイ

概要 (Wikipediaから引用)

ルイ 人名 ルイ(Louis)は、フランス語圏の男性名。英語圏でもしばしば使用される。ルイス、女性形ルイーズ、ルイーザ、ルドヴィク(リュドヴィク)、イタリア語ルイージ、ドイツ語ルートヴィヒも参照。原義は「名高き戦士」の意。 王侯貴族 その他の人物 政治家・革命家 ルイ・アントワーヌ・ド・サン=ジュスト ルイ・オーギュスト・ブランキ ルイ・リエル 軍人 ルイ=アレクサンドル・ベルティエ ルイ=ガブリエル・スーシェ ルイ=ニコラ・ダヴー ルイ=ラザール・オッシュ 学者・研究者 ルイ・アルチュセール ルイ・アルヴァレ ルイ・イグナロ ルイ・ケルヴラン ルイ・テナール ルイ・ド・ブロイ ルイ・ネール ルイ・パスツール ニコラ・ルイ・ド・ラカーユ 小説家 ルイ・アラゴン 映画監督 ルイ・マル 音楽家 ルイ・アームストロング ルイ・エクトル・ベルリオーズ ルイ・クープラン ルイ=クロード・ダカン ルイ・シュポーア ルイ・ジェームズ・アルフレッド・ルフェビュール=ヴェリー ルイ・ジョーダン ルイ・デュレ ルイ・ド・ケ=デルヴロワ ルイ・ニデルメイエール - フランスの作曲家。

るい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

瑠衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

留衣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『累 -かさね-』は、松浦だるまによる日本の漫画。講談社『イブニング』に2013年第10号から連載中。第19回イブニング新人賞優秀賞を受けた松浦だるまの連載デビュー作。 2014年12月16日には、本作の主人公の母・誘の生涯を綴ったスピンオフ小説『誘 -いざな-』が出版された。 2015年、第39回講談社漫画賞・一般部門にノミネートされる。 あらすじ 「伝説の女優」の名をほしいままにした故人・淵 透世(ふち すけよ)の娘・淵 累(ふち かさね)は、母とは似ても似つかない醜い顔が原因で、周囲の人間から心無い仕打ちを受け続けてきた。 小学校の学芸会の演劇でシンデレラ役に選ばれたもののクラスメイトらの陰謀により練習に参加させてもらえず、本番では演技途中で役を下ろされ屈辱を受けた累は、生前の母の言葉を思い出して母の形見の口紅を塗り、彼女をいじめる首謀者で美少女の西沢イチカ(にしざわ イチカ)に口づけをし、イチカの顔を手にいれる。