「るいじゅう」とは?

言葉 詳細
るいじゅう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

類従

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

類聚

概要 (Wikipediaから引用)

類聚名義抄(るいじゅみょうぎしょう)は、11世紀末から12世紀頃に日本で成立した、漢字を引くための辞典 辞書(字書)。「仏」「法」「僧」の3部に分かれる。編者は明らかでないが、法相宗の学僧とみられる。略称、名義抄。「るいじゅうみょうぎしょう」の読みは誤り。今日伝わる主な本は次の通りである。 図書寮(ずしょりょう)本。宮内庁書陵部蔵。永保元年(1081年)から康和2年(1100年)頃に成立。原撰本のおもかげを残すが、「法」部の前半しか伝わらない零本(完全ではない本)である。字の説明には詳しい出典を付している。 観智院(かんじいん)本。天理図書館所蔵(国宝)。鎌倉時代中期の書写。原撰本を増補改編した系統の一本であり、今日、完本として伝わっているのはこの本のみである。「仏」「法」「僧」部がそれぞれ上中下に分かれ、「仏」の下はさらに「下本」「下末」に分かれている。

類じゅう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。