「るいじんえん」とは?

言葉 詳細
類人猿

概要 (Wikipediaから引用)

類人猿(るいじんえん、ape)は、ヒトに似た形態を持つ大型と中型の霊長類を指す通称名。ヒトの類縁であり、高度な知能を有し、社会的生活を営んでいる。類人猿は生物学的な分類名称ではないが、便利なので霊長類学などで使われている。一般的には、人類以外のヒト上科に属する種を指すが、分岐分類学を受け入れている生物学者が類人猿(エイプ)と言った場合、ヒトを含める場合がある。ヒトを含める場合、類人猿はヒト上科(ホミノイド)に相当する。 テナガザルを含めた現生類人猿では尾は失われている。 類人猿には現生の次の動物が含まれる 小型類人猿(lesser ape):テナガザルとフクロテナガザルを含むテナガザル科 大型類人猿(great ape):オランウータン、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ(+ヒト) 大型類人猿のうち、ゴリラ、チンパンジー、ボノボ(とヒト)はアフリカ類人猿と呼ばれる。