「るいすい」とは?

言葉 詳細
類推

概要 (Wikipediaから引用)

類推(るいすい)は類比(るいひ)、アナロジー(Analogy)ともいい、特定の事物に基づく情報を、他の特定の事物へ、それらの間の何らかの家族的類似 類似に基づいて適用する認知過程である。類推は、問題解決、意思決定、記憶、説明(メタファーなどの修辞技法)、さらに科学理論の形成などにおいて重要な過程であるが、誤謬を導く可能性も大きい。類推はヒラメキの要素が強いので、狭義には 演繹や帰納と分けて考えられる。しかし広義には、現実を見て、仮説を導いたり/原因推定する点で、帰納の一部だと言える。類推に基づく言語表現が比喩である。なお言語学では、言語自体に対する類推が言語の変化の大きな要因とされる。物理学では、新たな理論が形成される際に、他の理論からの類推が大きな役割を果たした例が見られる。例えば、ファラデーは電磁気学の研究において流体力学からの類推を用い、マクスウェル方程式が導かれた。