「るくす」とは?

言葉 詳細
ルクス

概要 (Wikipediaから引用)

ルクス(lux、略記号:lx)とは、国際単位系 (SI) における照度の単位である。SI組立単位「ルーメン毎平方メートル」(lm/m²)に与えられた固有の名称であり、日本の計量単位令では「1平方メートルの面が1ルーメンの光束で照らされるときの照度」と定義されている。 luxという名称は、ラテン語で光を意味する語からとられたものである。人名に由来するものではないので、単位記号は全て小文字である。英語では単数形・複数形ともluxと書く。1889年に作られた単位で、1948年の第9回国際度量衡総会 (CGPM) で国際単位系に採用された。 テレビ放送のスタジオは約1,000lx (1 klx) 明るいオフィスは約400lx of illumination 月の光は平均約0.2lx 星の光は0.00005lx (50µlx) ルクスとルーメンの違い ルクスとルーメンの違いは、ルクスは光束が広がる領域を考慮することにある。