「るくそーる」とは?

言葉 詳細
ルクソール

概要 (Wikipediaから引用)

ルクソール(Luxor)は、エジプトの都市で、ルクソール県の県都。古代エジプトの都テーベがあった場所で、現在も数多くの遺跡が残っている。市域はナイル川によって分断されている。 日が昇る方角であるナイル川の東岸には、カルナック神殿やルクソール神殿など生を象徴する建物が、日が沈む方向のナイル川西岸には死を象徴する、王家の谷や王妃の谷などがある。王家の谷にはツタンカーメン王の墓がある。 市内にある遺跡の多くが、古代都市テーベとその墓地遺跡 として世界遺産に登録されている。 1993年からエジプト国際マラソンが行われており、2013年の大会では川内優輝が大会新記録で優勝している。 ルクソールは、エジプト新王国の時代、太陽神アメン=ラー(Amon-Ra)の都市テーベだった。 第11王朝時代に重要な都市となり、華麗さだけでなく、知、芸術、宗教、政治の中止地として繁栄した。第1中間期の混乱の後、エジプトを統一したメントゥホテプ2世 (en:Montuhotep II) が、周辺地域に安定をもたらし、その結果都市が発展した。