「るび」とは?

言葉 詳細
るび

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ルビ

概要 (Wikipediaから引用)

ルビ(英語: ruby)とは、文章内の任意の文字に対しふりがな/説明/異なる読み方といった役割の文字をより小さな文字で、通常縦書きの際は文字の右側/横書きの際は文字の上側に記されるものである。 明治時代からの日本の活版印刷用語であり、「ルビ活字」を使用し振り仮名(日本語の場合)やピン音(中国語の場合)などを表示したもの。日本で通常使用された5号活字にルビを振る際7号活字(5.25ポイント相当)を用いたが、一方、イギリスから輸入された5.5ポイント活字の呼び名がruby(ルビー)であったことから、この活字を「ルビ活字」とよび、それによってつけられた(振られた)文字を「ルビ」とよぶようになった。明治期つまり19世紀後半のイギリスでは活字の大きさを宝石の名前をつけてよんでいた。 ルビの振り方 ルビをつけることを一般的に「ルビを振る」と表現する。より専門的な用語として組版業界用語では「ルビを組む」と表現する。少年漫画のように全ての漢字にルビを振るのを「総ルビ」と呼び、難読語、専門用語、架空の人名・地名などあまり用いられない単語だけに振るのを「バラルビ」という。