「るーず」とは?

言葉 詳細
ルーズ

概要 (Wikipediaから引用)

ルーズソックス(和製英語:loose socks)とは、元々、米国で製造され輸出されていた登山用の靴下「ブーツソックス」を起源とし、日本の女子高生が学校の制服着用の際に履くソックスとして普及した、現在でも販売されている靴下のことである。 日本においては、若年の女子、主に女子高生の間で、制服をアレンジしたファッションとして採用され、長期にわたる流行の後に定着した。ルーズソックスという呼び名については、履いている靴下の状態が「ルーズ」(loose)であるからとも言われているが、語源や初出の正確なところは定かではない。ちなみに、looseの発音はルーズではなく、ルースである。looseの読み間違いである可能性がある。 色は基本的に白。基本的に白以外の色を見かけることは少なかったが、その後黒色やピンク色などのルーズソックスも発売された。 ルーズソックスを履くのは、元々は通学の際に制服を着用している女子高生である。学校の制服と合わせて履かれ、ブレザー、セーラー服いずれにもあわせて履かれる。基本的にはローファーに合わせるが、スニーカー等に合わせることもある。