「れいい」とは?

言葉 詳細
霊威

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

霊異

概要 (Wikipediaから引用)

『日本現報善悪霊異記』より : 『日本国現報善悪霊異記』(にほんこくげんほうぜんあくりょういき)は、平安時代初期に書かれ、伝承された最古の説話集で『日本霊異記』と略して呼ぶことが多い。著者は景戒。上・中・下の三巻。変則的な漢文で表記されている。 成立事情と説話の背景 成立年ははっきりしないが、序と本文の記述から、弘仁13年 (822年) とする説がある。著者は奈良右京の薬師寺の僧、景戒である。景戒は、下の巻三十八に自叙伝を置いて妻子とともに俗世で暮らしていたと記しており、国家の許しを得ない私度僧に好意的で、自身も若い頃は私度僧であったが後に薬師寺の官僧になったという。生国は、紀伊国名草郡。 説話の舞台と世相 上巻に35話、中巻に42話、下巻に39話で、合計116話が収められる。それぞれの話の時代は奈良時代が多く、古いものは雄略天皇の頃とされている。場所は東は上総国、西は肥後国と当時の物語としては極めて範囲が広い。その中では畿内と周辺諸国が多く、特に紀伊国が多い。『霊異記』の説話は、行基とその朋党が民間布教と社会事業の実践のため遍歴した地域と重複する所が少なくない。

霊位

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。