「れいかい」とは?

言葉 詳細
霊界

概要 (Wikipediaから引用)

霊界(れいかい)は、死後に霊ないしそれに類するものが行き着くとされる世界。死後の世界。精神の世界。非物質世界。 霊界という言葉が意味する内容は個々人や信仰(宗教的立場)によって異なる。 一般に霊界といった場合は前者の意味で用いられることが多く、あの世、後世、死後世などの表現でも呼ばれている。伝統的な宗教の中には、死者が存命中にこの世で行った善悪の行いや信仰心などに応じて、行き先が天国と地獄に分かれるとするものもある。また近年では、霊界は階層状の世界であり、魂の状態に応じてふさわしい層に行くとも言われるようになった。 霊や死後の世界という概念が歴史に登場したのは、実に6000年以上前の古代エジプトの時代までさかのぼる。古代エジプトのヘセプーチ王の棺に死者の書が描かれている。古代のエジプト人たちは霊魂は死後、「バー」という鳥の姿になって、肉体からあの世にとびたち、あの世の楽園アアルで永遠の生を送ると考えていた。 古代ギリシャの哲学者ではプラトンが霊界が存在していると述べ、あの世の様子についても語った。

冷灰

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

例会

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。