「れいがい」とは?

言葉 詳細
例外

概要 (Wikipediaから引用)

例外(れいがい)とは、通例の原則にあてはまっていないこと。一般の原則の適用を受けないこと。 例外とは通例の原則にあてはまっていないこと。また、一般の原則の適用を受けないことである。 たとえば法則(や規則)が成り立っていない事例のこと。あるいは、法則がそもそも適用されていないもののこと。 「例外のない法則はない」「例外のない規則はない」などと言われることがある。規則や法則には例外がつきものではある。 対比される概念は「原則」である。 法律と例外 法律論では、「何が原則で、何が例外だ」という議論のしかたをすることが多くある。いつでも一定の原則だけで例外がない、ということは滅多に無い。大抵のケースで、原則が多くの場合に適用されるものの、例外的に原則が適用されない場合がある、ということになる。 よって、まずどのような場合に対してどのような原則があるかを明らかにし、その次に、その原則の例外はどのようになるか(どのように扱うか)を明らかにする、というのが法律論の一般的なパターンである。

冷害

概要 (Wikipediaから引用)

冷害(れいがい)とは、例年よりも気温の低い日が続く日本の自然災害である。作物の収穫に影響が出る。 エルニーニョなどが原因となる異常気象、火山噴火により大気中に留まる火山灰が増え、日照量の減少することにより発生する。 オホーツク海高気圧の勢力が強い場合、北海道から関東地方にはやませという冷たい北東風が吹き付け、特に東北地方の太平洋側では夏季にもかかわらず最高気温が20℃前後までしか上がらなくなる現象を惹起し、冷害の原因となる。 水稲ではもみの数が決定する時期から、花粉の基礎が出来る時期にあたる夏季に最低気温が18℃未満の日が数日続くと発生しやすい。この時期に大きなダメージを受けて稲が実らなくなる冷害を「障害型冷害」という。この典型的な例が1993年の大冷害で、記録的な米の大凶作となった。 関連項目 冷夏 やませ 作況指数 天明の大飢饉 1993年米騒動 水稲農林1号 外部リンク 東北農業研究センター 水稲冷害研究チーム 図説:東北の稲作と冷害。