「れいきゅうしゃ」とは?

言葉 詳細
霊柩車

概要 (Wikipediaから引用)

霊柩車(れいきゅうしゃ)とは、遺体を葬祭式場から火葬場(土葬の場合は墓地)の移動の際に使用される特種用途自動車。 「柩」が常用漢字に含まれていないため、法令上は霊きゅう自動車と表記される。 日本では、古くは棺を人間がかついで運んでいたが、その後大八車様のものに乗せて運ぶようになった(このようなものは「棺車」と呼ばれる)。その後、トラックの上に棺を入れる宗教的装飾を施した輿のようなものを乗せて運ぶようになり、更にそれが自動車と一体化して霊柩車となった。ボディーの色は多くが黒である。昭和初期の霊柩車は主にアメリカのパッカードを改造したものが多かったという。現代(21世紀初頭)の日本で一般的な霊柩車のスタイルは、大阪にあった「駕友」という葬儀屋を経営する鈴木勇太郎によって1917年に考え出された。古くより「霊柩車を見たら、親の死に目に会えないから、親指を隠せ」との俗言がある。 2015年現在、日本では約6000台の霊柩車が登録され年間500台が更新されている。全国に約10社の改造メーカーがあり、特に手の込んだ改造ができる会社は6社。