「れいし」とは?

言葉 詳細
レイシ

概要 (Wikipediaから引用)

レイシ(茘枝、学名:Litchi chinensis)はムクロジ科の果樹。広東語での発音 (lai6ji1)、ないし台湾語・閩南語での発音 (nāi-chi) に基づき、ライチー、あるいはライチとも呼ばれる。1属1種。中国の嶺南地方原産で、熱帯・亜熱帯地方で栽培される。 常緑高木で、葉は偶数羽状複葉(2 - 4対の小葉からなる)で互生する。花は黄緑色で春に咲く。果実は夏に熟し、表面は赤くうろこ状(新鮮な物ほどトゲが鋭い)、果皮をむくと食用になる白色半透明で多汁の果肉(正確には仮種皮)があり、その中に大きい種子が1個ある。 上品な甘さと香りから中国では古代より珍重され、楊貴妃が華南から都長安まで早馬で運ばせた話が有名である。 中国語(普通話)での発音はリーチー(拼音: Lìzhī、注音: ㄌㄧˋ ㄓ)で、属名もこれに由来する。英語の“lychee”は、広東語風にライチーと発音することも、普通話風にリーチーと発音することもある。 バンレイシおよびバンレイシ科は目レベルより上で異なる別種。 栽培 弱酸性で水はけ、水持ちの良い土を好む。

令嗣

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

麗姿

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

令旨

概要 (Wikipediaから引用)

令旨(りょうじ)とは、律令制のもとで出された、皇太子・三后(太皇太后・皇太后・皇后)の命令を伝えるために出した文書。 中国(唐)では皇太子の命令を伝える文書を「令」といったが、それが日本に伝わり、日本では皇太子の命令を伝える文書を令旨といい、太皇太后・皇太后・皇后の出す文書もこれに準じた。平安時代中期以降は、皇太子・三后に加えて女院や親王などの皇族の命令も令旨と呼ばれるようになった。 歴史上有名な令旨としては、治承・寿永の乱(源平合戦)の際に諸国の源氏に挙兵を命じるために以仁王が発した「以仁王の令旨」があるが、これは皇太子でも親王でもない以仁王が命令の正統性を高めるためにあえて親王の身位を冒して発したもので、本来ならば王の命令書は「御教書」と呼ばれるべきものだった。 なお、天皇の命令を伝える文書に宣旨・綸旨などがある。 関連項目 院宣 綸旨 宣旨。

令姉

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

茘枝

概要 (Wikipediaから引用)

『レイシ』より : レイシ(茘枝、学名:Litchi chinensis)はムクロジ科の果樹。広東語での発音 (lai6ji1)、ないし台湾語・閩南語での発音 (nāi-chi) に基づき、ライチー、あるいはライチとも呼ばれる。1属1種。中国の嶺南地方原産で、熱帯・亜熱帯地方で栽培される。 常緑高木で、葉は偶数羽状複葉(2 - 4対の小葉からなる)で互生する。花は黄緑色で春に咲く。果実は夏に熟し、表面は赤くうろこ状(新鮮な物ほどトゲが鋭い)、果皮をむくと食用になる白色半透明で多汁の果肉(正確には仮種皮)があり、その中に大きい種子が1個ある。 上品な甘さと香りから中国では古代より珍重され、楊貴妃が華南から都長安まで早馬で運ばせた話が有名である。 中国語(普通話)での発音はリーチー(拼音: Lìzhī、注音: ㄌㄧˋ ㄓ)で、属名もこれに由来する。英語の“lychee”は、広東語風にライチーと発音することも、普通話風にリーチーと発音することもある。 バンレイシおよびバンレイシ科は目レベルより上で異なる別種。 栽培 弱酸性で水はけ、水持ちの良い土を好む。

れいする

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

令する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。