「れいしょ」とは?

言葉 詳細
令書

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

隷書

概要 (Wikipediaから引用)

『隷書体』より : 隷書体(れいしょたい)は、漢字の書体の一つ。八分隷・八分・分書とも呼ばれる。古文に対して今文と呼ばれる。画像は『西嶽華山廟碑』(拓本、部分)。 程邈という下級役人が罪を得て獄中にあったとき、隷書を発明しこれを献上することで始皇帝に許されたという伝承があるが、これは俗説に過ぎない。戦国時代頃から日常に通用されていた筆記体が、秦代になって業務効率を上げるために公文書でも用いられるようになったものが、隷書だと考えられている。紀元前3世紀後半の「睡虎地秦簡」などに見られる、篆書を簡略化した過渡的な書風を「秦隷」と呼ぶ。 前漢前期には篆書から隷書への移行が進み、秦隷と平行して、草書のもととなる早書きの「草隷」・秦隷の要素を残した波磔の小さい「古隷」・波磔を強調した装飾的な「八分」など、多様な書風が展開されていたことが、「馬王堆帛書」「銀雀山竹簡」「鳳凰山木牘」などの帛書や簡牘類によって確められる。

れいする

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

令する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。