「ろ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『グラフ理論』より : 路(ろ) 道路のこと。 中国宋、金、元代の監察・行政単位。 グラフ理論の用語。 路 - 1982年のトルコ映画。

概要 (Wikipediaから引用)

炉心溶融(ろしんようゆう)、あるいはメルトダウンとは、原子炉中の燃料集合体が(炉心を構成する制御棒やステンレススチール製の支持構造物等をも含めて)核燃料の過熱により融解すること。または燃料被覆管の破損などによる炉心損傷で生じた燃料の破片が過熱により融解すること。燃料溶融。 炉心溶融は原子力事故における重大なプロセスの一つであり、さらに事態が悪化すると核燃料が原子炉施設外にまで漏出して極めて深刻な放射能汚染となる可能性がある。それに至らないまでも、溶融した炉心を冷却する際に発生する放射性物質に汚染された大量の蒸気を大気中に放出(ベント)せざるをえないことが多く、周辺住民の避難が必要となるなど重大な放射能汚染を引き起こす可能性がある。 臨界状態の核燃料が炉心溶融を起こす場合もあるが、臨界中に生成された核分裂生成物が臨界停止後も大量の崩壊熱を発生するため、未臨界状態の核燃料であっても炉心溶融を起こしうる。 なお原子炉における「炉心」とは燃料集合体や制御棒など原子炉の中核部分であって、それを囲む原子炉圧力容器内にある円筒状構造物であるシュラウドのようなものを指さない。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

ロ ろ - 日本語の仮名。 ロ (音名) - ハ長調のシにあたる音名。 地理 ロ (イタリア) - イタリア フェラーラ県の基礎自治体。 ロシア ロ (テレビ番組) - 日本のテレビ番組 (1992)。

概要 (Wikipediaから引用)

櫓(やぐら)とは日本の古代よりの構造物・建造物、または構造などの呼称。矢倉、矢蔵、兵庫などの字も当てられる。 木材などを高く積み上げた仮設や常設の建築物や構造物。(見世物小屋や相撲、祭りの太鼓櫓・火の見櫓などの物見櫓等) 古代からある城等に建てられた矢を納めた倉庫兼発射台、防衛用の仮設の掘立建物。(物見櫓(井楼)など) 近世の城郭に建てられた矢や鉄砲を発射するための重層または単層の建造物。 構造部位の名称(船櫓・炬燵櫓など)・技の名称(相撲の技・将棋の陣たて)File:Yagura on the Kabuki-za.JPG thumb 180px Right 歌舞伎座の櫓ここでは毎年11月の顔見世大歌舞伎の際に設置される。:本格的な芝居小屋では建物正面、入り口の上に櫓を設置するのが通例であった。特に江戸時代までは常設の芝居小屋には認可が必要であり、それを得ている芝居小屋は槍や御幣 梵天を飾ってその地位を示した。明治以降になっても建築様式として引継がれ、伝統的な様式を採用する芝居小屋には櫓が設置される。

概要 (Wikipediaから引用)

ろ、ロは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第9行第5段(ら行お段)に位置する。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音からなる音 /ro/。舌の先で上歯茎付近をはじくことによる有声子音/r/と/お/からなる音。国際音声記号で語中の/r/は歯茎はじき音[ɾ]で記述される。語頭の/r/は接触の持続時間がやや長く歯茎側面はじき音[ɺ]で記述される。 五十音順: 第43位。や行い段とえ段のいとえを数に加えると45位。 いろは順: 第2位。「い」の次、「は」の前。 平仮名「ろ」の字形: 「呂」の草体 片仮名「ロ」の字形: 「呂」の部分の変化 ローマ字: ro 点字: 「ろ」の点字 通話表: 「ローマのロ」 モールス信号: ・−・− 手旗信号:7→850px 50px 発音:Japanese ro.ogg ろ ろ に関わる諸事項 片仮名の「ロ」は漢字及びその部首である「口」(くちへん)ならびにハングルの子音字母「ㅁ」(미음;ミウム、眉音)と同形である。

概要 (Wikipediaから引用)

絽(ろ)は捩織で織られる、薄く透き通った絹織物の一種。江戸時代に夏の衣料に用いる生地として発展した織物で、紗の変形に当たる。大きく分けて、生糸で作る生絽と半練糸で作る練絽があり、糸の使い方や織り方などによって数多くの種類がある。通気性が高いので、夏物の着物、帯、袋物などに使われる。基本的な織り方は羅や紗と共通するが、絽は七・五・三本おきに緯糸に二本の経糸を交差させて織っていくもので、織りあがったものはそれぞれ七本絽・五本絽・三本絽と呼ぶ。産地としては大聖寺町 大聖寺・桐生市 桐生・八王子市 八王子などが有名。 絹織物 ろ

概要 (Wikipediaから引用)

る、ルは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第9行第3段(ら行う段)に位置する。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音からなる音 /ru/。舌の先で上歯茎付近をはじくことによる有声子音/r/とうからなる音。国際音声記号で語中の/r/は歯茎はじき音[ɾ]で記述される。語頭の/r/は接触の持続時間がやや長く歯茎側面はじき音[ɺ]で記述される。 五十音順: 第41位。や行の「い」と「え」を数に加えると43位。 いろは順: 第11位。「ぬ」の次、「を」の前。 平仮名「る」の字形: 「留」の草体 片仮名「ル」の字形: 「流」の右下の部分 ローマ字: ru 点字: 「る」の点字 通話表: 「留守居のル」 モールス信号: -・--・ 手旗信号:3→750px50px 発音:Japanese ru.ogg る る に関わる諸事項 日本語に「る」で始まる単語は極端に少なく、(「ルール」などの「ル」で始まる外来語を除けば)三省堂「大辞林 第二版」では200項目しかない。