「ろあーる」とは?

言葉 詳細
ロアール

概要 (Wikipediaから引用)

ロアール・アムンセン(Roald Engelbregt Gravning Amundsen ノルウェー語発音: [ˈɾuːɑl ˈɑːmʉnsən], 1872年7月16日 - 1928年6月18日?)は、ノルウェーの探検家。日本では「ロアルト・アムンセン」、「ロアルド・アムンゼン」とも表記される。 主に極地に挑んだ探検家として知られる。イギリス海軍大佐のロバート・スコットと人類初の南極点到達を競い、1911年12月14日には探検隊を率いて人類史上初めて南極点への到達に成功。また、1926年には飛行船で北極点へ到達し、同行者のオスカー・ウィスチングと共に人類史上初めて両極点への到達を果たした人物となった。 生い立ち ノルウェー東南部のボルゲ(Borge、サルプスボルグとフレドリクスタの中間に位置する)で海運業を営む一家の四男として生まれる。1888年にフリチョフ・ナンセンがグリーンランド横断に成功したことに感動し、探検家になることを決意した。