「ろう」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

座標: 北緯40度31分39.48秒 東経89度50分26.32秒 / 北緯40.5276333度 東経89.8406444度 / 40.5276333; 89.8406444 楼蘭(ろうらん,Loulan,推定されている現地名はクロライナ Kroraina)は、中央アジア、タリム盆地のタクラマカン砂漠北東部(現在の中国・新疆ウイグル自治区チャルクリク)に、かつて存在した都市、及びその都市を中心とした国家である。「さまよえる湖」ロプノールの西岸に位置し、シルクロードが西域南道と天山南路に分岐する要衝にあって、交易により栄えた。紀元前77年に漢の影響下で国名を鄯善(中国語名併音shàn shàn・日本語名ぜんぜん)と改称したが、楼蘭の名はその後も長く用いられ続けた。4世紀頃からロプノールが干上がるのとほぼ時を同じくして国力も衰え、やがて砂漠に呑み込まれたが、1900年にスウェーデンの探検家ヘディンによって遺跡が発見された。 楼蘭と呼ばれる都市、またその名を持つ国家がいつ、どのようにして成立したのかは定かではない。

概要 (Wikipediaから引用)

『レチタティーヴォ』より : レチタティーヴォ(伊: recitativo,独: Rezitativ,仏: récitatif,英: recitative)は、オペラ、オラトリオ、カンタータなどの中に置かれるもので、独唱が用いられる、概して大規模な組曲形式の作品の中に現れる歌唱様式の一種である。叙唱、朗唱と訳されることもある。リート、バラード、演奏会用アリアなどにも付随するが、通常は、個人的な感情の独白や、状況説明、ストーリーの紹介などの場面に採用されるため、当然ながら、多くの場合はアリアなどの旋律的な曲の間や前に置かれることとなる。 旋律的なふるまいを必要とせず、時にはそれを意図的に排除したい必要性がある場面において、そこに、音程やリズムのない非音楽的な朗読や台詞が置かれることによって発生する作品全体としての進行上の音楽的弊害を防ぐため、あえて音程やリズムを楽譜中に指定した台詞によってふるまわせようというのが、レチタティーヴォの本意である。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ろう

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

概要 (Wikipediaから引用)

『新世紀エヴァンゲリオンの登場人物』より : 新世紀エヴァンゲリオンの登場人物(しんせいきエヴァンゲリオンのとうじょうじんぶつ)では、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』(およびそれを原作としたコンピュータゲーム ゲーム)に登場する、架空の人物を記述する。 使徒については使徒 (新世紀エヴァンゲリオン)を参照。 汎用人型決戦兵器についてはエヴァンゲリオン (架空の兵器)を参照。 いかり シンジ 声優 声 : 緒方恵美エヴァンゲリオン (架空の兵器) エヴァンゲリオン初号機パイロット(サードチルドレン)第3新東京市立第壱中学校2年A組父ゲンドウ、母ユイの一子として生を享ける。極度の内気でコンプレックスを抱えており、唯一の肉親である父親も苦手(むしろ敬遠している)。幼少時の母親の死と、父親に捨てられたこととがトラウマとなり、預けられた「先生」のもとでは、他人との接触を積極的に取らない、排他的な生活を送っていた。しかしチルドレンとしてネルフに呼び寄せられた後、ミサトやアスカとの共同生活や綾波レイとの触れ合い、そしてEVAでの戦闘という極限状態の中から、徐々に自分の存在意義を見つけ、1人の人間として成長していく。特技はチェロ。

概要 (Wikipediaから引用)

労働力(ろうどうりょく、labour power、Arbeitskraft)とは、財・サービスという生産物を作るために投入される人間の能力。肉体的なもののみならず、知的なものも含む。 マルクス経済学における労働力 マルクス経済学においては、労働力は人間の労働能力の要素の総和、生産力の主体を指す。労働力によって生み出される行為を労働と呼び、マルクス経済学において両者は厳密に区別される。 資本主義社会では、労働力は商品となり、資本家によって市場で売買されるものとなる。労働者は資本家に労働力を売って賃金を受け取る。労働時間(労働力が生み出す価値)が労働力の価値より大きい場合、剰余価値が発生し、資本家は搾取した剰余価値を資本として蓄積する。 労働力も他の商品と同様に価値と使用価値がある。労働力の使用価値は新たな価値の創造であり、価値は労働力の維持・再生産に必要な生活手段の価値である。ただし、労働力は人間と切り離せないところに他の商品との違いがある。 労働力に関する統計 労働力の経済統計上の定義については、労働力調査の項目参照。

概要 (Wikipediaから引用)

廊御方 (廊の御方、ろうのおんかた 応保元年(1161年)? - 没年不詳)は平安時代末期の女性。平清盛の八女。母は常盤御前。源義経の異父妹とされる。別名は三条殿。 生涯 平治の乱後、源義朝の側室・常盤が清盛の妾となり生まれた。天下第一の美女と評され、左大臣藤原兼雅の妻(清盛の長女)と仲がよかったので上臈女房となり、後に兼雅の妾になって一女を生む。和琴と書の名手であった。 平家一門として都落ちから壇ノ浦の戦いに至るまで行動をともにし、建礼門院らとともに源氏の捕虜となる。 異説 ただし、義経の異父妹としての廊御方は軍記物語の『平家物語』や『源平盛衰記』にのみ登場しており、『玉葉』『吾妻鏡』など史料においては確認されていない。 『尊卑分脈』の桓武平氏系図で清盛の娘の一人に常盤を母とする廊御方が記されているが、この書物の成立自体が南北朝末期であり、室町時代以降にも多くの加筆が加えられているので、後代の人が物語に見える説を取り入れ書き加えた可能性がある。

概要 (Wikipediaから引用)

蝋(ろう、ワックス)は狭義に特定の一群の化学物質を指すときは高級脂肪酸と一価または二価の高級アルコールとのエステルを指す融点の高い油脂状の物質(ワックス・エステル)で、広義には実用上、これとよく似た性状を示す中性脂肪や高級脂肪酸、炭化水素なども含める。多くの場合、室温では軟らかく滑らかな固体で、水の沸点(100℃)より低い融点を持ち、気体はよく燃焼する。ワックスエステル以外の広義の蝋はこうした性質の脂肪や炭化水素などを含めるが、天然のワックス・エステルの中にはとりもちのように室温で粘質の性状を示したり、マッコウクジラ油などのように室温で液体のものもある。ワックス・エステルは一般に中性脂肪よりも比重が小さく、化学的に安定している。 広義の蝋は、主に動物の油脂、植物の油脂などから採取されるが、近年は石油の原油を分留して得られる蝋質の炭化水素であるパラフィン系のワックスが主に用いられる。狭義の蝋であるワックス・エステルは、化学的にも合成されている。 広義の蝋は室温で固体であるために扱いやすく、加熱すると比較的低い温度で融解し、気化すると容易に燃焼することから、古来蝋燭(ろうそく)として照明に用いられてきた。

概要 (Wikipediaから引用)

『ラン・ラン』より : ラン・ラン(Lang Lang〔中国語 :郎朗〕, 1982年6月14日 - )は、中国遼寧省瀋陽出身のピアニスト。満洲民族。 得意とするレパートリーは、チャイコフスキーやショパンのほかに、ラフマニノフがあり、生演奏ではアンコールに中国民謡を好んで弾いている。 世界的コンクールに挑戦した経歴こそ無いものの、これまでに、ボストン交響楽団、ニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団、クリーヴランド管弦楽団、デトロイト交響楽団、ロサンジェルス・フィルハーモニー管弦楽団、サンフランシスコ交響楽団、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団、パリ管弦楽団、香港フィルハーモニー管弦楽団、シドニー交響楽団、イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団、サンクトペテルブルク・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団など、世界の主要なオーケストラと共演を続けている。

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。