「ろうか」とは?

言葉 詳細
廊下

概要 (Wikipediaから引用)

廊下(ろうか)は、建物の内部・外部に存在する通路。部屋を接続するために存在し、建物間を接続する場合は渡り廊下と呼ばれ、建物・中庭を取り囲むように造られたものは回廊と呼ばれる。 寝殿造の渡殿(2つの建物をつなぐ)は、幅が広く取られており、仕切りを区切ったり畳を敷いたりして部屋の代わりとすることがあった。左右に壁のない渡殿は透渡殿と呼ばれた。また、建物のまわりの廊下は簀子(すのこ)と呼ばれた。 関連項目 避難経路 松之大廊下 鴬張り 国民の館 円形校舎de:Korridor (Gebäude)fr:Corridor。

弄火

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

狼火

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

弄花

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

老化

概要 (Wikipediaから引用)

老化(ろうか、英: ageing、aging)とは、生物学的には時間の経過とともに生物の個体に起こる変化。その中でも特に生物が死に至るまでの間に起こる機能低下やその過程を指す。 澱粉の老化は澱粉を参照のこと。 呼称 老化は、死を想起させたり、成熟との区別が恣意的であることから、加齢(かれい)、エイジングと言い換えられる場合もある。 学術分野では発生、成熟、老化などを含めた生物の時間変化すべてを含む言葉として「老化」を用いる。例えば、樹木の葉が加齢と共に黄色くなってやがて落ちるのも、同じく樹木が発芽してからの生長するに従って、挿し木時の発根や成長程度が悪くなるのも、動物が生まれてから時間が経つに従って、活動性が低くなりやがて死に至るのも「老化」、と表現されるが、その起こっている事象は全く別であると考えられており、混同すべきではない。