「ろうがい」とは?

言葉 詳細
癆がい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

労咳

概要 (Wikipediaから引用)

『結核』より : 結核(けっかく、tuberculosis)とは、マイコバクテリウム属の細菌、主に結核菌(Mycobacterium tuberculosis)により引き起こされる感染症。結核菌は1882年に細菌学者コッホによって発見された。日本では、明治初期まで肺結核は労咳(癆痎、ろうがい)と呼ばれていた。 結核は世界において、HIVの次に死者の多い感染症であり、2013年には900万人の患者が発症し150万人が死亡した。結核による死者の95%以上は低中所得国であり、それらの国々では15-44歳女性のトップ5死因に入る。また世界では50万人の0-14歳児童が結核に感染しており、2013年では8万人(HIV陰性)が死亡した。またHIV患者はリスクが26-31倍となり、HIV患者の4人に1人は結核で死亡している。 結核は結核菌を含む飛沫核の吸入による空気感染を示す。結核患者からの咳、くしゃみ、唾より感染する。世界人口の3分の1が結核菌に感染しており、毎秒の単位で感染患者が発生している。近年は多剤耐性肺結核(MDR-TB)が話題となっており、2013年のMDR-TB感染者数は48万人に上る。

老害

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。