「ろうし」とは?

言葉 詳細
老子

概要 (Wikipediaから引用)

老子(ろうし)は、古代中国の哲学者であり、後に生まれた道教は彼を始祖とする(老子自身が道教を作ったわけではない事に注意)。「老子」の呼び名は「偉大な人物」を意味する尊称と考えられている。春秋戦国時代の諸子百家のうちの代表的な一人であり、道家は彼の思想によって生まれた(道教と道家は別である)。書物『老子』(またの名を『老子道徳経』)を書いたとされるがその履歴については不明な部分が多く、実在が疑問視されたり、生きた時代について激しい議論が行われたりする。道教のほとんどの宗派にて老子は神格(en)として崇拝され、三清の一人である太上老君の神名を持つ。 史記の記述によると、老子は紀元前6世紀の人物とされる。歴史家の評は様々で、彼は神話上の人物とする意見、複数の歴史上の人物を統合させたという説、在命時期を紀元前4世紀とし戦国時代の諸子百家と時期を同じくするという考えなど多様にある。 老子は中国文化の中心を為す人物のひとりで、貴族から平民まで彼の血筋を主張する者は多く李氏の多くが彼の末裔を称する。

老師

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ろうし

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

労資

概要 (Wikipediaから引用)

労使協調(ろうしきょうちょう)とは、労働組合と使用者が協力して企業の利潤を上げ、結果として労働者の取り分を増やそうとする立場。労資協調(労働組合と資本家)とも。 源流 思想的源流はいくつかあるようだが、そのひとつは、19世紀末にドイツ社会民主党の論客エドゥアルト・ベルンシュタインが発表した修正主義理論にある。 すなわち、マルクスの予言では、資本主義が発達すればするほど貧富の差が拡大し、労働者と資本家の和解は不可能とされたが、ベルンシュタインの予言では、双方が譲歩することにより可能とされた。 資本が、収益を独占しては自分の首を絞めると気付いたきっかけが、世界恐慌であった。それ以前は、政府による市場介入はむしろ禁忌とされたが、ケインズ流の財政政策が労働者にとっても資本家にとっても有益と分かり、発達した資本主義国家では財政政策を採用していった。 第二次世界大戦後、労使協調に立つアメリカなど西側の労働組合が、従来からあった世界労働組合連盟から離脱、国際自由労働組合総連盟を結成・対決していくことになる。

労使

概要 (Wikipediaから引用)

『労資協調』より : 労使協調(ろうしきょうちょう)とは、労働組合と使用者が協力して企業の利潤を上げ、結果として労働者の取り分を増やそうとする立場。労資協調(労働組合と資本家)とも。 源流 思想的源流はいくつかあるようだが、そのひとつは、19世紀末にドイツ社会民主党の論客エドゥアルト・ベルンシュタインが発表した修正主義理論にある。 すなわち、マルクスの予言では、資本主義が発達すればするほど貧富の差が拡大し、労働者と資本家の和解は不可能とされたが、ベルンシュタインの予言では、双方が譲歩することにより可能とされた。 資本が、収益を独占しては自分の首を絞めると気付いたきっかけが、世界恐慌であった。それ以前は、政府による市場介入はむしろ禁忌とされたが、ケインズ流の財政政策が労働者にとっても資本家にとっても有益と分かり、発達した資本主義国家では財政政策を採用していった。 第二次世界大戦後、労使協調に立つアメリカなど西側の労働組合が、従来からあった世界労働組合連盟から離脱、国際自由労働組合総連盟を結成・対決していくことになる。

浪士

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

労する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

弄する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ろうする

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

聾する

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

老死

概要 (Wikipediaから引用)

『』より :

ろう死

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

牢死

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。