「ろうじゅう」とは?

言葉 詳細
老中

概要 (Wikipediaから引用)

老中(ろうじゅう)は、江戸幕府および諸藩の職名。征夷大将軍(以下、将軍と称す)に直属して国政を統轄する常置の職であり、定名ではなかった。大名時代の徳川家の年寄に由来し、寛永年間の頃に老中の名称が定着した。なお「中」は敬称を意味した。老中の最低家禄は2万5,000石とされ、これに満たない場合は老中格とされた。諸藩では家老のことを老中と称する場合がある。 沿革 幕府では、寛永11年(1634年)に六人衆(後の若年寄に相当)が置かれ、慶安2年(1649年)に六人衆が廃止され、その職掌があわせられたが、寛文2年(1662年)に再び若年寄が設置され、将軍家の家政については分掌された。『徳川実紀』には、宿老とも書かれている。当初、老中は年寄衆と呼ばれていたということで、旗本の間では年寄衆という呼称で定着した。 幕府の老中は、大目付・町奉行・遠国奉行・駿府城代などを指揮監督し、朝廷・公家・大名・寺社に関する事柄、知行割りについてなどを統轄した。定員は4人から5人で、普段の業務は月番制で毎月1人が担当し、江戸城本丸御殿にあった御用部屋と呼ばれる部屋を詰め所・執務室とし、重大な事柄については合議した。