「ろうすい」とは?

言葉 詳細
漏水

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

老衰

概要 (Wikipediaから引用)

老衰(ろうすい、英語:Senility)とは、加齢により心身の能力が衰えることである。 定義 生物学的・医学的には加齢による老化に伴って個体を形成する細胞や組織の能力が低下することである。恒常性の維持が困難になることが原因である。 老衰死(医学) 老衰によって生命活動が終わること(死ぬこと)を、老衰死(ろうすいし)とも言う。加齢による老化に伴って個体を形成する細胞や組織の能力が低下し、恒常性の維持・生命活動の維持が困難になり、多臓器不全により恒常性の維持・生命活動の維持ができなくなることが原因である。 老衰による死を表す際に、平素の日本語では「寿命が来た」「寿命が尽きた」などとも表現する。 老衰死の認定 加齢による老化に伴って個体を形成する細胞や組織の能力が低下し、恒常性の維持・生命活動の維持が困難になり、多臓器不全により恒常性の維持・生命活動の維持ができなくなり死亡したと判断された場合は、死亡診断書に直接的死亡原因として老衰と記載される。