「ろれーぬ」とは?

言葉 詳細
ロレーヌ

概要 (Wikipediaから引用)

『ロレーヌ地域圏』より : フランス > ロレーヌ地域圏 ロレーヌ地域圏(フランス語:Lorraine、ドイツ語:Lothringen ロートリンゲン、アレマン語:Lothringe ロートリンゲ)は、フランス北東部にあり、ドイツ国境に近いかつて存在した地域圏である。東にかつてのアルザス、西にかつてのシャンパーニュ=アルデンヌ、南にかつてのフランシュ=コンテが隣接している。 ローマ人による征服以来、この地はトリーア、メスが都市として発達した。ロレーヌの名称は、ヴェルダン条約(843年)によってこの地方がロタリンギア(ロタール2世の領土)に属したことに由来する。 ロタリンギア分裂後、帰属を巡って抗争が起き、10世紀に高(上)ロレーヌと低(下)ロレーヌの南北2公国に二分され、後者がやがてブラバント公に帰属したため、前者が11世紀以降は単にロレーヌと呼ばれるようになった。 13世紀前半まで神聖ローマ帝国の勢力下にあったが、13世紀後半よりフランス王の勢力が浸透し、三十年戦争の際には事実上フランスが占領していた。