「わ」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

*羽根 - 鳥類が爬虫類から進化したときに、うろこが変化したもの わ、ぱ *鳥類やウサギを数える助数詞

概要 (Wikipediaから引用)

話(はなし)とは、単語の連続から成る、一連の情報ないしその情報伝達の様式・行動。 音声による(相互)情報伝達→会話 やや重要ではない会話の様式→雑談 音声に拠らない・他の何がしかが介在する様式 電気的に変換して遠隔地同士で会話する方法・これに用いる装置→電話 インターネットなどコンピュータネットワークを介在する会話手段→チャット(または電子掲示板) フィンガーサインなど身振りでの会話→手話 文字を介して会話すること→筆談 いわゆる「お話」 物語:一連のストーリーを示すもの。文字媒体を含む。→小説など文学。 演説:聴衆に対し、自らの主義・主張を述べること。 講義:物事を聴衆に理解させるために、説明すること。 弁論:考え(→思考)をまとめ、述べること。 議論:双方の考えを述べ、お互いに考察したり意見を述べ合うこと。「話し合い」とも。→会議he:פרדינן דה סוסיר#מושגי יסוד של דה סוסיר。

概要 (Wikipediaから引用)

『把瑠都凱斗』より : 把瑠都 凱斗(ばると かいと、1984年11月5日 - 、本名:カイド・ホーヴェルソン Kaido Höövelson )は、旧・エストニア・ソビエト社会主義共和国 (現在のエストニア共和国) レーネ=ヴィル県 ラクヴェレ(ラエクヴェレ)郡 ロフ村 (現在のラクヴェレ市)出身(出生地はヴァイケ・マーリヤ郡)、尾上部屋(入門時は三保ヶ関部屋)所属の元大相撲力士で、スウェーデン系エストニア人。得意技は右四つ・左四つ・寄り・投げ・吊り。大相撲力士引退後は、オフィス北野に所属し、タレント及び格闘家として活動している。 最高位は東大関。四股名は母国エストニアが面するバルト海から。凱斗の名は本名Kaido(カイド)の音に、日本で素晴らしいものをつかみ母国に凱旋してほしいという願いを込めた漢字をあてて、三保ヶ関親方が名づけた。史上初のエストニア出身力士関取。 2012年1月場所に唯一の幕内最高優勝を成し遂げ、綱獲りに挑んだこともあったが、過度の故障などに泣き同年11月場所限りで大関から陥落し、十両まで番付を下げた末に故障の悪化により2013年9月場所前に十両の地位で現役引退となった。

概要 (Wikipediaから引用)

和(わ) 万葉仮名では「わ」音を表す。また、ひらがな「わ」の元になった漢字。 調和、平和、均衡、争わないこと。和議。以和為貴(「和を以って貴しと為す」、十七条憲法第一条)、など。和の文化も参照。 日本 日本の古い名。倭、大和も参照。 日本語と外国語の翻訳において、日本語を表す略称。和英翻訳、独和辞典など。 「日本」を意味する文化的概念。和風、和服、和食など。 東海の外で太陽を産んだと伝えられる羲和の、その子孫が継承した尭帝の時の天地春夏秋冬四時の官名。江戸時代の官学にも使用された南宋の史書の一つである『通志』-氏族略には、「羲和、堯時掌時天地之字、和仲、和叔因以為氏」と記されている。 地域・地理 奈良県を意味する略語。旧国名の大和から1文字取ったもの。北和、中和、南和、西和(それぞれ奈良県内の北部、中部、南部、西部地域の意)のように、主として奈良県内の地域名に用いる。 和歌山県を意味する略語。来和(和歌山県に県外からの来客があることの意で、同県内のマスメディアが用いる)、阪和(大阪府と和歌山県の意で、例えば阪和線、阪和自動車道)など。

概要 (Wikipediaから引用)

倭(わ、やまと、ワ、ヰ、ウェイ(中国南方音)、ゥオー(中国北方音))は、 紀元前から中国各王朝が日本列島を中心とする地域およびその住人を指す際に用いた呼称。紀元前後頃から7世紀末頃に国号を「日本」に変更するまで、日本列島の政治勢力も倭もしくは倭国(わこく)と自称した。倭の住人を倭人(わじん)という。和、俀とも記す。 ※倭の政治組織・国家については「倭国」、倭の住人・種族については「倭人」をそれぞれ参照のこと。 奈良盆地(のちの大和国)の古名。倭人ないしヤマト王権自身による呼称。「大倭」とも記す。 ※「大和」を参照のこと。 「日本」の前身としての「倭」 倭および倭人の指し示す範囲は時代と研究によって変遷する。史書に現れる中国南東部にいたと思われる倭人や百越の人々を含んだ時代もあったという意見もある。倭国は「大倭国」「大和国」とも呼称され、7世紀後半には国号を日本に改めた。 中国人歴史学者の王勇によれば中国の史書に現れる倭人の住居地は初めから日本列島を指すとしている。

概要 (Wikipediaから引用)

環(かん、わ) 輪のこと。曲げて円形にしたもの(環状)。また、前述の意味から派生して人の繋がりや一巡した事柄(例:還暦、循環など)に使用される。 数学: 加法と乗法について閉じている代数的構造を持つ集合。→ 環 (数学)を参照のこと。 天文学: 惑星の周囲に分布する小天体からなるリング状の構造。→ 環 (天体)を参照のこと。 化学: ベンゼンなどに見られる、3個以上の原子が環状に結合した構造。 → 環式有機化合物を参照のこと。 工学: 環状の金属製部品の総称。→ 鐶を参照のこと。環(たまき) 円形で中央に穴のある玉のこと。 環村 -- 千葉県君津郡にあった村。現富津市。 日本人の姓、名前。名前の場合、男女ともに使われる。 今井環 -- NHK報道局編集主幹。元『ニュース10』ニュースキャスター(男性) 斎藤環 -- 精神科医、評論家(男性) 仲西環 -- 声優(女性) 三浦環 -- 明治~昭和のオペラ歌手(女性) 石垣環 -- 漫画家 下記の架空の人物とは同姓同名の別人。

概要 (Wikipediaから引用)

輪(わ、りん) わ 円形のもの。環、リング 箍(たが) 車輪 わ! - 小島あきらの4コマ漫画作品。 りん 鈴 (仏具)の別表記 花や車輪の数を数える助数詞。なお、花については、見かけ上1つの「花」のようである、複数の(生物学的な意味での)花の集合体を数える助数詞としても用いられる。 輪 (数学) - 環に似た代数系。

概要 (Wikipediaから引用)

わ、ワは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第10行第1段(わ行あ段)に位置する。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音からなる音 /wa/。母音う/u/の口に構えから行われる半母音/w/とあからなる音。 音声学上の実際の発音: 国際音声記号では[β̞a]と表記される音である。頭子音は母音の「う」(非円唇後舌狭母音[ɯ])より少し唇を突き出して両唇を接近させる両唇接近音[β̞]の構えから[a]にわたるときに短く発音する両唇半母音である。 五十音順: 第44位。や行い段とえ段のいとえを数に加えると46位。 いろは順: 第13位。「を」の次、「か」の前。 平仮名「わ」の字形: 「和」の草体 片仮名「ワ」の字形: 「和」の旁の草体、一説に、輪の形(○)から。 ローマ字: wa 点字: 「わ」の点字 通話表: 「わらびのワ」 モールス信号: -・- 手旗信号:2→950px50px 発音:Japanese wa.ogg わ わ に関わる諸事項 「く」、「ぐ」に後続して、合拗音を構成する。

割る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

わる

概要 (Wikipediaから引用)

『わるいやつら』は、松本清張の長編小説。『週刊新潮』に連載(1960年1月11日号 - 1961年6月5日号、全73回、連載時の挿絵は御正伸)、加筆訂正の上、1961年11月、新潮社から単行本として刊行された。後に電子書籍版も発売されている。 医者の社会的権威を利用して犯罪に手を染めてゆく医師と、その人間関係を描く、長編ピカレスク・サスペンス。 1980年に松竹で映画化、また4度テレビドラマ化されている。 あらすじ 戸谷信一はある病院の院長、病院の経営は苦しく、赤字は毎月増えるばかりであったが、妻・慶子との別居中に作った愛人から、金を巻き上げては赤字の穴埋めに充てていた。最近新たにデザイナーの槙村隆子を知った戸谷は、彼女に強い興味を持ち、結婚に持ち込みたいと思うようになった。そのためさらに多額の金が必要になったが、その金も愛人から絞り取ることで乗り切れると戸谷は考えていた。しかし、愛人の一人である横武たつ子の病夫の急死に、思わぬ関わりを持ったことから、戸谷とその周囲の人間の運命は狂い出し…。

概要 (Wikipediaから引用)

『わ』より : ワ わ - 日本語の仮名。 地理 ワ (ガーナ) (Wa) - ガーナの都市。 ワ州 (Wa State) - ミャンマーの州。 ワ族 (佤族, Wǎzú) - 中国の少数民族。 ガチョウを意味するフランス語 (Oie)。