「わいだに」とは?

言葉 詳細
和意谷

概要 (Wikipediaから引用)

和意谷敦土山池田家墓所(わいだにあづちやまいけだけぼしょ)は、岡山県備前市吉永町にある岡山藩主池田氏 池田宗家一族の墓所。「岡山藩主池田家墓所」の一つとして国の史跡に指定されている。この地に墓所を建設する発端となったのは、岡山藩池田宗家初代藩主池田光政の祖父・池田輝政 輝政と父・池田利隆 利隆の墓所がある京都妙心寺護国院が炎上したことによる。この火災により光政は、祖父・父の改葬を決意した。寛文5年(1665年)家臣の津田永忠に命じ備前国内での墓所選定の作業を行った。1年余りの探索の後、和気郡脇谷村を最終候補地に選定した。寛文6年(1666年)10月、光政の実地検分によりこの地が墓所に決定された。同年12月、妙心寺に改葬を告げ、遺骨を備前に持ち帰った。