「わいまーる」とは?

言葉 詳細
ワイマール

概要 (Wikipediaから引用)

『ヴァイマル』より : ヴァイマル(Weimar ドイツ語発音: [ˈvaɪmaɐ])は、ドイツ・テューリンゲン州の都市で、主要な歴史的文化都市のひとつ。ワイマール、ヴァイマール、ワイマル、ヴァイマー、ワイマー、ウァイマーなどとも表記される。慣用的に「ワイマール」と表記されることが多い。 面積は84,27 km²、人口は約63,000人。主な宗教はキリスト教プロテスタントルター派。1999年には欧州文化首都に選ばれている。 地勢 州都エアフルトから東に20kmほどの平地に開けた町である。ヴァイマルとは“聖なる泉”を意味する言葉といわれている。東隣20kmほどの離れたところには古い大学町イェーナがある。 文化 神聖ローマ帝国時代にはザクセン=ヴァイマル公国(帝国解体後ザクセン=ヴァイマル=アイゼナハ大公国)の首都であった。公国時代には、J.S.バッハが宮廷音楽家を務め、またゲーテが宰相として仕えたことでしられる。市中心部には、ゲーテの旧邸宅がほぼ原型のままで保存されている。ゲーテ旧邸宅から300mほどの場所にあるヴァイマル国民劇場は、ゲーテやフリードリヒ・シラーらが自作のオリジナル演劇作品を上演したドイツ古典主義関係の歴史的遺構である。