「わか」とは?

言葉 詳細
和賀

概要 (Wikipediaから引用)

和賀郡(わがぐん)は、岩手県の郡。令制国下では陸奥国(のち陸中国)に属す。 人口5,834人、面積590.74km²、人口密度9.88人/km²。(2016年2月1日、推計人口) 以下の1町を含む。 西和賀町(にしわがまち)日本国内最大級のブナの巨木を抱える原生林と秋田県との県境をなす標高1,000m級の山々による和賀山塊が郡西部に位置する。 郡域 和賀郡(第1次) 概ね下記の区域にあたるが、行政区画として画定されたものではない。 北上市の大部分(稲瀬町・口内町・相去町を除く) 花巻市の一部(中笹間・北笹間・南笹間・轟木・栃内・横志田・尻平川および東和町各町) 西和賀町 和賀郡(第2次) 明治30年(1897年)に発足した当時の郡域は、第1次和賀郡に北上市相去町を加えた区域にあたる。

概要 (Wikipediaから引用)

『横浜若葉台団地』より : 横浜若葉台団地(よこはまわかばだいだんち)は、神奈川県住宅供給公社が横浜市旭区若葉台に開発した計画人口25,000人のモデル団地。現在の居住者数は約1万7000人。中層(5階建て)及び高層(10階、13階、14階建て)の分譲および賃貸の建物が74棟ある。 構成 若葉台団地は、団地を4つのブロックに区切り、若葉台一丁目から若葉台四丁目で構成されている。団地の東側に位置する若葉台一丁目、二丁目および西側に位置する若葉台四丁目は住宅専用地域で分譲住宅と医療設備がある。団地中央にある若葉台三丁目は商業地域と住宅との兼用区域であり、商業施設と賃貸住宅、分譲住宅(3棟)がある。 若葉台団地のエリアは、もともと丘陵地帯であり、尾根・沢が入り組んだ地形の上に建設されている。この地形に合わせ、塔状、板状の建物が建てられている。建設が十数期に渡り、建設期ごとに外見、色が異なり、目を楽しませてくれる。板状の建物が平行にならぶ通常の団地の景色とは異なる。一部の管理組合の建物では、大規模修繕工事の際に当初の色から変更している。

わか

概要 (Wikipediaから引用)

わかしおは、東日本旅客鉄道(JR東日本)が東京駅 - 上総一ノ宮駅・勝浦駅・安房鴨川駅間を京葉線・外房線経由で運行する特急列車である。 本項では、外房線で運転されていた優等列車の沿革についても記述する。 特急「わかしお」は、 1972年7月15日に総武快速線の東京駅乗り入れと、房総東線(現外房線)蘇我駅 - 安房鴨川駅間が電化されたことにより、東京駅 - 安房鴨川駅間を総武本線・外房線経由で運転を開始し、下り6本と上り5本(このほか季節列車3往復が設定され、このうち1往復は八王子駅発着で運転されていた)が設定され、同年10月にエル特急に指定された。 1982年11月15日に房総地区の急行列車を全廃して「わかしお」に統合した。1991年3月16日には特急「成田エクスプレス」が総武本線で運転されることにより、「わかしお」の東京駅 - 蘇我駅間は京葉線経由に変更して運転されるようになった。こののち、「ホームタウンわかしお」や「ビューわかしお」「おはようわかしお」などが運転されたが、列車名は2005年12月10日の改正で「わかしお」に統一されている。

和佳

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

和香

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

ワカ

概要 (Wikipediaから引用)

『神武天皇』より : 神武天皇(じんむてんのう、庚午年1月1日 (旧暦) - 神武天皇76年3月11日 (旧暦))は、日本神話に登場する人物であり、古事記や日本書紀では日本の初代天皇であり皇統の祖としている。日本書紀によれば、天皇在位期間は、辛酉年(紀元前660年・神武天皇元年)1月1日 (旧暦) - 神武天皇76年3月11日 (旧暦)。 神武天皇の即位月日とされる1月1日 (旧暦)は、明治に入り新暦に換算され2月11日となり、日本国の建国の日として1873年(明治6年)に「紀元節」(祭日)と定められた。紀元節は1948年(昭和23年)に廃止されたが、1967年(昭和42年)に2月11日は「建国記念の日」として国民の祝日となった。 神武天皇という呼称は、奈良時代後期の文人である淡海三船が歴代天皇の漢風諡号を一括撰進した際に付されたとされる。異称は、古事記では神倭伊波礼琵古命(かむやまといわれひこのみこと)、日本書紀では神日本磐余彦尊(かむやまといわれひこのみこと)、始馭天下之天皇(はつくにしらすすめらみこと)、若御毛沼命(わかみけぬのみこと)、狹野尊(さののみこと)、彦火火出見(ひこほほでみ)。

和歌

概要 (Wikipediaから引用)

和歌(わか)とは、短歌型式の古典詩。古典短歌。広義には『万葉集』に所収される歌体の総称。 「和歌」の訓は「やまとうた」である。「和」の代わりに「倭」の字が、「歌」の代わりに「謌」、「哥」の字が宛てられたこともある。なお、歌謡と混同されるおそれがない文脈においては「歌」「うた」と表記され、呼ばれることもある。 長連歌、俳諧、狂歌、川柳風狂句は定型の古典詩であるが、和歌には含まれない。また、明治の和歌革新家とその後継者の短歌作品、すなわち近現代短歌は「短歌」と称され、「和歌」とは称されない。近現代短歌はこの項では取り上げない。 「和歌」「倭歌」の語は漢詩に対比される日本語詩を意味する言葉として造られた。『万葉集』の題詞に同義の「倭歌」「倭詩」や日本語の挽歌を意味する「日本挽歌」の字句が見られる。なお、『万葉集』題詞に見られる「和歌」は応答歌、唱和歌を意味し、この項の「和歌」とは別義である。 和歌については、素盞嗚尊が以下の歌を詠んだのがはじまりであるという伝説がある。 やくもたつ いづもやへがき つまごみに やへがきつくる そのやへがきを現在和歌といえばこの形式、すなわち五七五七七と句を連ね、三十一字でつづる短歌のことを指す。

沸く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

涌く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

分かる

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

解る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

わかる

概要 (Wikipediaから引用)

わかる国語 読み書きのツボ( -こくご よみかき- )は、NHK教育テレビの国語教育番組である。対象は小学生で、大人の視聴者も意識した内容になっている。3・4年向けと5・6年向けがあり(後述)、後者には「5・6年」がタイトルに冠されている。 関連図書として『NHK わかる国語 読み書きのツボ ― 小学校3・4年生向け国語番組』(飯間浩明監修、MCプレス、2005年3月発行、ISBN 978-4-901972-31-4)がある。 キャスト 出演者徳田章(NHKアナウンサー) 光浦靖子(オアシズ) パペットマペット声ツボくん - 松岡洋子(3・4年および5・6年) 悪ツボくん - 立川志の輔(5・6年) 主なスタッフ 音楽桜井映子(3・4年) 近田春夫、ナカガワトシオ(5・6年)イメージキャラクター制作フクシマミキ わかる国語 読み書きのツボ 3・4年 2004年4月5日から2005年3月7日まで1年間放送され(初回放送は隔週月曜日午前10時 - 10時15分)、その後も2009年3月まで再放送される。

分る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

湧く

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

わく

概要 (Wikipediaから引用)

『わくわく動物ランド』(わくわくどうぶつランド)は、1983年4月13日から1992年3月25日までTBS系列局で毎週水曜20時台に放送されていたクイズ番組である。司会は関口宏。 世界各国の動物に関する話題をクイズ形式で紹介していた番組で、放送当時は「子どもに見せたいテレビ番組」調査上位の常連であった。番組冒頭では、解答者を「(今週の)霊長目ヒト科ホモサピエンスの皆さん」と紹介していた。 司会の関口は、当時『クイズ100人に聞きました』の司会も務めており、同局で2本のクイズ番組の司会を掛け持ちしている司会者は、『クイズダービー』と『世界まるごとHOWマッチ』(毎日放送、制作担当は当番組と同じイースト→現イースト・エンタテインメント)を担当していた大橋巨泉のみであった。また、『クイズまるごと大集合』では、この番組パートの司会を関口が務めていたほか、回によっては巨泉(本放送時にはゲスト解答者として1度登場している)とビートたけしが司会を務めていたこともある。

判る

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

わかい

概要

Wikipediaからデータを取得しようと試みましたが該当するデータがありませんでした。

若い

概要 (Wikipediaから引用)

「若い音楽家のためのチャイコフスキー国際コンクール」International Tchaikovsky Competition for Young Musiciansは、世界三大コンクールのひとつであるチャイコフスキー国際コンクールの姉妹コンクール、ジュニア部門として創設された。上原彩子 (ピアニスト) 上原彩子、ラン・ランらを輩出したことから、ジュニア・コンクールの最高峰、次代のクラシック界を担う若手の登竜門として知られ、入賞者・参加者は、後に「チャイコフスキー国際コンクール」をはじめとする世界的な国際コンクールにおいて上位入賞を果たしている。主催は、ロシアの音楽機関 チャイコフスキー国際コンクール入賞者連盟(Association of Tchaikovsky Competition Stars、ATCS)。審査部門は、ピアノ、ヴァイオリン、チェロ。参加資格は、8歳以上17以下。審査員は過去の「チャイコフスキー国際コンクール」の入賞者らが務める。審査方法もチャイコフスキー国際コンクールに準じ、第1次、第2次のソロ演奏に加え、第3次のファイナルにおいて、オーケストラとの共演によるコンチェルト演奏による審査が行われる。