「を」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

『を』より : を、ヲは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音において第10行第5段(わ行お段)に位置する。 現代の音韻: おと同じである。通常は母音である。 五十音順: 第47位。や行い段とえ段のいとえおよびわ行う段のうを数に加えると50位。逆に現代仮名遣いで使われないゐとゑを除くと45位。 いろは順: 第12位。「る」の次、「わ」の前。 平仮名「を」の字形: 「遠」の草体。 片仮名「ヲ」の字形: 「乎」の上の部分の変形。 変体仮名30px(越) ローマ字: oまたはwo。コンピュータのローマ字入力ではwo。 点字: 「を」の点字 通話表: 「尾張のヲ」 モールス信号: ・--- 手旗信号:1→950px 50px 台湾語仮名での「ヲ」は、「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」のいずれでもない第六の母音を示す。発音は「オ」に近いが、口の開け方が狭い(発音記号では [o] )。 発音: Japanese wo.ogg を 現行の現代仮名遣い以前には仮名のひとつとして使われていたが、現代仮名遣いでは格助詞の「…をする(…ヲスル)」以外は使わず、「を」の仮名で表記していた言葉は「お」と書くように定められている。

概要 (Wikipediaから引用)

を、ヲは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音において第10行第5段(わ行お段)に位置する。 現代の音韻: おと同じである。通常は母音である。 五十音順: 第47位。や行い段とえ段のいとえおよびわ行う段のうを数に加えると50位。逆に現代仮名遣いで使われないゐとゑを除くと45位。 いろは順: 第12位。「る」の次、「わ」の前。 平仮名「を」の字形: 「遠」の草体。 片仮名「ヲ」の字形: 「乎」の上の部分の変形。 変体仮名30px(越) ローマ字: oまたはwo。コンピュータのローマ字入力ではwo。 点字: 「を」の点字 通話表: 「尾張のヲ」 モールス信号: ・--- 手旗信号:1→950px 50px 台湾語仮名での「ヲ」は、「ア」「イ」「ウ」「エ」「オ」のいずれでもない第六の母音を示す。発音は「オ」に近いが、口の開け方が狭い(発音記号では [o] )。 発音: Japanese wo.ogg を 現行の現代仮名遣い以前には仮名のひとつとして使われていたが、現代仮名遣いでは格助詞の「…をする(…ヲスル)」以外は使わず、「を」の仮名で表記していた言葉は「お」と書くように定められている。