「ん」とは?

言葉 詳細

概要 (Wikipediaから引用)

ん、ンは、日本語の仮名の1つである。この音は、撥音(はつおん、はねるおん)と呼ばれ、1モーラを形成するが、通常は子音であり、かつ、直前に母音を伴うため、単独では音節を構成せず、直前の母音と共に音節を構成する。ただし、「ん?」などのように語頭にある場合は、母音に代わる音節の核、すなわち音節主音として、単独で音節を構成する。したがって、鼻母音以外に発音される限り、すなわち子音である限り、「ん」は音節主音的な子音である。「ん」は元来五十音には現れないが、一般にわ行の次に置かれる。 文字としての「ん」、「ン」を「ウン」と発音することもある。 ローマ字: n、n'、nn 点字: 「ん」の点字 モールス信号: ・-・-・ 音韻 現代標準語の音韻: 日本語を母語とする日本語話者にとっては「ん」は1つの音、すなわち音素 /ɴ/ と認識される。しかし、実際の発音は次項で述べるように前後の音や速度、話者により、[ŋ](IPA) = [N](X-SAMPA), [n](IPA), [m](IPA), [ɴ](IPA) = [N\](X-SAMPA)、その他鼻音に関連した音が用いられる。

概要 (Wikipediaから引用)

る、ルは、日本語の音節のひとつであり、仮名のひとつである。1モーラを形成する。五十音図において第9行第3段(ら行う段)に位置する。 現代標準語の音韻: 1子音と1母音からなる音 /ru/。舌の先で上歯茎付近をはじくことによる有声子音/r/とうからなる音。国際音声記号で語中の/r/は歯茎はじき音[ɾ]で記述される。語頭の/r/は接触の持続時間がやや長く歯茎側面はじき音[ɺ]で記述される。 五十音順: 第41位。や行の「い」と「え」を数に加えると43位。 いろは順: 第11位。「ぬ」の次、「を」の前。 平仮名「る」の字形: 「留」の草体 片仮名「ル」の字形: 「流」の右下の部分 ローマ字: ru 点字: 「る」の点字 通話表: 「留守居のル」 モールス信号: -・--・ 手旗信号:3→750px50px 発音:Japanese ru.ogg る る に関わる諸事項 日本語に「る」で始まる単語は極端に少なく、(「ルール」などの「ル」で始まる外来語を除けば)三省堂「大辞林 第二版」では200項目しかない。

概要 (Wikipediaから引用)

『ん』より : ん、ンは、日本語の仮名の1つである。この音は、撥音(はつおん、はねるおん)と呼ばれ、1モーラを形成するが、通常は子音であり、かつ、直前に母音を伴うため、単独では音節を構成せず、直前の母音と共に音節を構成する。ただし、「ん?」などのように語頭にある場合は、母音に代わる音節の核、すなわち音節主音として、単独で音節を構成する。したがって、鼻母音以外に発音される限り、すなわち子音である限り、「ん」は音節主音的な子音である。「ん」は元来五十音には現れないが、一般にわ行の次に置かれる。 文字としての「ん」、「ン」を「ウン」と発音することもある。 ローマ字: n、n'、nn 点字: 「ん」の点字 モールス信号: ・-・-・ 音韻 現代標準語の音韻: 日本語を母語とする日本語話者にとっては「ん」は1つの音、すなわち音素 /ɴ/ と認識される。しかし、実際の発音は次項で述べるように前後の音や速度、話者により、[ŋ](IPA) = [N](X-SAMPA), [n](IPA), [m](IPA), [ɴ](IPA) = [N\](X-SAMPA)、その他鼻音に関連した音が用いられる。